凡人サラリーマンが副業と投資でセミリタイアするまでの奮闘日記とちょっとした趣味を配信【株・物販・アフィリエイト】

好きなことを行う研究所『ジオラボ』

取り組み姿勢

【現代の罠】ラットレースを抜け出す為の考え方とは?

更新日:

こんにちは、うるしぃです^^

今日はラットレースについてお話ししていきます。

この話はベストセラー「金持ち父さん、貧乏父さん」に出てきています。

こちらも本の中で詳しく説明はされていますが、

本質は簡単なのでこちらの記事を読んでいただけたら十分かと思います。笑

ラットレースとは?

ラットレートと言われてみなさん想像できますでしょうか?

そう、これです。笑

どういうことかと言いますと、

「今の日本人は自由に生きているつもりが、実は自由ではなく

働くことをやめると収入がなくなるので、

決して足を止めることが許されず働き続けないといけない状況

ということになります。

もしかすると、一部の方は聞き苦しい内容になっているかも知れませんが

「今、この瞬間に早めに気づくことができてよかった」

と思い行動に移していただけると幸いです。

それでは、詳しく解説していきます!

本当に今の日本人は不自由なのか?

日本以外のライフスタイル

一見、日本人は何不自由なく暮らしているように見えますよね。

しかし、実は全くそのようなことはありません。

少し外に視点を向けてみるだけでも、

ヨーロッパには昼から外でビールを飲んでいるような国もあります。

他にも、残業は一切なしで7時間労働の国も多くあります。

日本以上に過酷な国は多くあるので、一部の国と比較して

「日本は異常だ」という気はありませんが、

他の視点や少なからずもっとよくできる可能性には気づいた方がいいかもしれません。

人の性格をも変えてしまう日本の労働環境

少し同僚の話をさせてください。

不動産会社に勤めていた時は、

忙しい時は当たり前のように終電で帰っていました。

私の場合は学生の頃から起業することを決めていて、

経験のためにサラリーマンになっただけなので、

「これがサラリーマンかぁ、いい経験だなぁ」と

少し他人事のように感じていたので、ダメージは少なかったです。

しかし、勤め先の同僚は、

死んだような目をして仕事をしていました。

同僚は仕事ができる人だったので、

上司からの信頼もバッチリでした。

仕事ができる故に、どんどん上から振られる仕事の量が増えていき、

毎日、終電で帰るような生活をしていました。

会社では出世することが一番なのかもしれません。

同僚も出世に向かって全力で頑張っていましたが、

途中からは飲みに誘っても来てくれなくなりと、

どこか人柄までもが変わってしまった気がして、

少し恐怖心を抱きました。

私は大好きな同僚の人柄をも変えてしまう労働環境に

心底、嫌気がさしていました。

敷き詰められたラットレースに陥る罠

私は日本の労働環境に警鐘を鳴らしています。

特に今のほとんどの日本人は勤め先に依存している現状です。

例えば病気で入院した時、あなたの収入は途絶えることになります。

どういった理由であれ働く手を止めた時点で給料はゼロ。

これは多く年収をもらっているサラリーマンでも同じです。

しかし、このような状況でも安定していると錯覚し、

ローンで車やマイホームを買ってしまいます。

そうすると返済のために、

より働く手を止めることができなくなってしまいます。

このように今の日本の労働環境には、

ラットレースからどんどん抜けだけなくなってしまう罠が散りばめられているのです。。。

このような現状のため、「絶対に手を止めることができない労働者」と

「できるだけ多くの業務を行って欲しい雇い主」とのパワーバランスは、

雇っている企業側がどうしても強くなってしまうのです。

ラットレースを抜け出すには

ラットレースにはまっている方は、

毎月もらう給料がなければ生きていけないですし、

そのためには、朝から早起きして8時間以上働かなければなりません。

要するに、「お金」と「時間」の自由を会社に握られているのです。

この「お金」と「時間」を自分でコントロールすることができれば、

ラットレースから抜け出せたと言えます。

今はインターネットの発達で起業することが容易になり、

「お金」と「時間」を自分でコントロールすることが

過去と比べると比較的簡単にできるようになっています。

今、自分の現状に気づいた人は、

アフィリエイトでも物販でもなんでもいいので、

勤め先以外からの収入源を作ることをお勧めします。

自分で作った収入は自分でコントロールすることが可能です。

今自分が使っている時間は自分のために使っているのか、

勤め先のために使っているのかを考え、

まずは企業にコントロールされる収入ではなく、

自分でコントロールすることができる収入を作りましょう。

まとめ

サラリーマンは残業をわざとして給料を稼いだりと、

時間を切り売りしてお金を稼いでいる側面があります。

(私が勤めていた会社は残業代など出ませんでしたが。笑)

なので、当時私もそうでしたが、

企業に勤めながら他のことをする時間などほとんどないかと思います。

そう考えて、現状に気付いていながらも、

副業を始めることができない人がいると思います。

そういった方も安心してください。

私の経験上ですが、

ビジネスは思ったほど時間をかけなくても稼ぐことができたりします。笑

「ワンクリックで100万円稼げちゃいます!」

みたいなことを言う気は全くないですが、

実は毎日1時間取り掛かるだけでも大きな収入になります。

私みたいに毎日10時間以上勤め先で働いている身からすると驚きでしたが。笑

先ほどの同僚も給料以外に収入があればもっと選択肢があったと思います。

選択肢があると言うことは精神的にも安定しますので、

頑張って一日1時間、時間を作ることをオススメします。

日本の全労働者が複業で収入を複数確保し、

企業と労働者のパワーバランスが労働者側に傾けば、

今の日本の労働環境は変わっていくのではないかと思っています。

企業が好き勝手やっている日本の労働環境に一石投じたい私としては、

「うるしぃラボ」を通して、皆が複数の収入源を確保できるよう

本気でサポートしていきますのでよろしくお願いします!

また、LINE@でも新鮮な情報を発信しておりますので、

是非、登録お願いします!

 

-取り組み姿勢

Copyright© 好きなことを行う研究所『ジオラボ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.