凡人サラリーマンが副業と投資でセミリタイアするまでの奮闘日記とちょっとした趣味を配信【株・物販・アフィリエイト】

好きなことを行う研究所『ジオラボ』

節約術

意外と知らない節約術!電子マネーを活用しよう!

投稿日:

近年、利用者が急増している「電子マネー」みなさんも一度は使ったことがあるのではないでしょうか?

コンビニや駅だけではなく、ファミレスでも利用できるのでとても便利ですよね。

でもそんな電子マネーを上手く活用すれば、節約に繋がることを知っていますか?

例えば、電子マネーの中には、払い戻しができるものも存在します。

さらに、1円単位でチャージができる電子マネーもあるんですよ!

今回は、電子マネーのおトクな節約術をご紹介していきます。

電子マネーを使うだけで節約になるの?

電子マネーをそのまま使うだけだと節約にはなりません。

電子マネーのポイント還元率は低いので、そのまま使うだけではあまりおトクではないんです。

じゃあどうすればいいの?ってなりますよね。

クレジットカードで電子マネーをチャージしてみてください。

現金でチャージしても何もおトクではないですが、クレジットカードを使うことでポイントが貯まっていきます。

電子マネー自体にもポイントが付くものが多いので、2重にポイントを貯めることができちゃうんですよ!

コンビニや駅を利用する時には、クレジットカードより電子マネーの方が使いやすいことが多いですよね。

簡単な支払いの場合は、電子マネーを使って済ませた方が手間もかかりません。

ちょっとした金額のものでも、現金を使うのではなく、ポイントを貯める事が大きな節約に変わっていくんです。

電子マネーを有効活用するなら、クレジットカードとセットで使う事が大事なんですね。

また、どのポイントを貯めたいかによって、クレジットカードの選び方も変わってきますので、カードの情報をしっかりと集めてから使いましょう。

電子マネーの現金化はできる?

電子マネーは様々な種類があるので、管理するのが大変なんですよね。

事前にお金をチャージしておかないと、電子マネーは使えません。

前は使っていたけど、今は使ってない電子マネーの中に、金額が残っているものがありませんか?

払い戻しってできるのかわからないし、その電子マネーを使ってムダな買い物をするのはもったいないですよね。

原則として、電子マネーの現金化というのはできないものです。

交通系ICカードなら、一定の手数料を払うことで払い戻しが可能になっています。

例えばSuicaならチャージ残額から手数料の220円を差し引いた金額、デポジットの500円を加えて返金してくれます。

チャージ残高が220円以下なら、デポジットのみでの返金もしてくれるんです。

デポジットとは、Suica作成時に取られる預り金のことですね。

残高を返してもらえるだけではなく、デポジットも返金されるので忘れずに払い戻ししておきましょう。

交通系ICカードには有効期限も定められています。

10年間の期限があるので、失効してしまう事は少ないですが、失効する可能性もある事は考えておきましょう。

交通系以外の電子マネーには、有効期限は定められていませんが、その代わり払い戻しもできません。

WAONカード・nanacoカードがおトク?

その中でも、WAONカードやnanacoカードならチャージ金額を有効活用する事ができるんです。

2016年2月から、ミニストップでWAONを利用して公共料金や税金等の収納代行の支払いができるようになりました。

こうした料金の支払いに使うことで、もう使わなくなったチャージ金額を有効活用できますね。

nanacoカードはセブンイレブンではほぼ現金と同じ扱いができるので、公共料金の支払いはもちろんの事、nanaco払いでQuoカードの購入を行うこともできます。

これを有効活用することで、もう使わなくなったnanacoカードの金額を金券類に交換する事も可能ではありますね。

電子マネー付きのクレジットカードを有効活用!

貯めたいポイントによって、電子マネーの種類もクレジットカードの種類も分かれてくると思います。

それによって複数のカードを持ってしまうと、管理も大変ですし、使わなくなった時に、そのチャージ金額をムダにするのももったいないですね。

自分の用途が決まっているのなら、それに対応した電子マネーとクレジットカードをセットで持つのが一番ですよね。

そんな人にオススメしたいのが電子マネー付きのクレジットカードです。

交通系のICカード「Suica」を選ぶなら、三種類のクレジットカードがオススメになります。

ANA VISA Suicaカード、JALカードSuica、ビックカメラSuicaカードの3つです。

ANA VISA Suica

年に1回は飛行機に乗る方の中で、年間50万以上の決済をする、もしくは飛行機ならANA派ならANA VISA Suicaカードをオススメします。

還元率が1%になっているので、年間約50万円を使うなら、季節によっては片道がタダになるくらいのマイルが貯まるからです!

JALカードSuica

JALカードSuicaの場合は、還元率が0.5%と低いのですが、ショッピングマイルプレミアムに入会することで還元率が1%になります。

ショッピングマイルプレミアムなら、チャージの還元率も2%にまで上がるのでかなりおトクです!

1,000円チャージする度にポイントが貯まっていくので、JALをメインに使う方にはこちらがオススメですね。

ビックカメラSuica

ビックカメラSuicaカードのポイント還元率は驚異の10%!

ビックカメラで買い物をするだけで、ポイントがすごいことになっちゃいますね。

そこでクレジットカード払いをすれば、還元率1%でクレジットのポイントも貯まっていきます。

さらに、クレジットカードでSuicaにチャージすれば還元率は1.5%つくので、Suicaで支払いをすればもっとポイント還元率が上がります!

ビックカメラで買い物をする方には、是非オススメな一枚ですね。

年会費も初年度無料、年1回の利用で年会費は無料になるので、カードを使ってポイントを貯めていくなら、年会費はないようなものですね!

まとめ

クレジットカードと併用して使うことで、電子マネーはかなりの節約が可能になります

マイルを貯めれば飛行機が無料で乗れたり、ビックカメラならポイントが大量に獲得できて、家電も安く買えてしまいます。

電子マネーを使う時は、現金でのチャージは効果が薄いので、クレジットカードを是非使っていきましょう。

使わなくなった電子マネーも、交通系ICカードなら払い戻しができることもありますので、ムダにしないようにしてくださいね。

チャージして使わなければ、お金を捨てるようなものなので、有効活用をしていってください。

みなさんも一度、電子マネーの有効な利用方法を使ってみてくださいね!

長くなりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-節約術

Copyright© 好きなことを行う研究所『ジオラボ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.