凡人サラリーマンが副業と投資でセミリタイアするまでの奮闘日記とちょっとした趣味を配信【株・物販・アフィリエイト】

好きなことを行う研究所『ジオラボ』

節約術

財布の中身は把握してる?買い物代は予算を決めて!

投稿日:

財布の中身を把握するだけでムダな出費が減ることをみなさんは知っていますか?

「いやいや、財布の中身だけで、お金の使い方が変わるわけないじゃん!」と思う方もいるとは思います。

ですが、中身を把握して管理するだけで、お金の使い方は変わってくるんですよ!

手持ちがいくらあるのか把握していないと、足りなくなった時に預金を下ろしてしまいますよね。

これはお金が貯まらない人の典型的なパターンなんです。

今回は、財布の中身を管理してムダ遣いを減らす方法をご紹介していきます 

財布の中身は、日用品の支払いに使用される!

毎日財布からお金を出して買い物を行いますが、まずはこれを理解してほしいんです。

何を当たり前のことを言ってるんだろう?と思うかもしれませんが、財布の「役割」をわかってほしいんです。

食費や日用品はほぼ毎日使うものです。

そして公共料金や家賃、携帯代は、1か月ごとに支払いがくるものです。

公共料金や携帯代の支払いは、財布に入れずに別に保管することが多いと思います。

少ない金額であれば、財布から出すこともあるとは思いますが、基本的には必ず出る支出として考えるので、財布の中身は日々使うものの支払いに使いますよね。

これが先ほど言った財布の「役割」なんです。 

ムダ遣いすればするほど、日々の生活が苦しくなっていくものですよね。

逆に言えば、毎月の支払い金額をわけているのなら、財布をしっかりと管理しておけば、お金は貯まっていくということなんです! 

支出金額から予算金額を決めておく

支出金額とは、毎月の支払いとは別に考えてください。

財布の中身を把握して管理するわけですから、財布の中にお金をどれだけ入れて使っているかを考えなければなりません。

いきなりどのくらい使ってるかなんてわかりませんよね?

まずは1か月にどのくらい使っているかを計算してみてください

それを4で割ったら、一週間にどれくらい使っているかが大体わかると思います。

財布にお金を入れる曜日を決めて、その曜日でリセットすることをルールとしましょう

1週間経ったら、財布の中身を一度出して、また予算金額を入れてみましょう。

試しに1万円でやってみてください。

そうすると、先週は木曜日に5,000円残っていたのに、今月はもう3,000円しかない!

こんな感じにお金のペースがわかってくると思います。

1週間経って、残ったお金は貯金箱に入れてしまえば、節約と貯金を同時進行することもできますよ!

たまには、そのお金を使って自分の為に使うのもいいかもしれませんね。

もしも、使いすぎて足りない時には、翌週の予算から前借りしてください。

2,000円予算が足りなかったのなら、来週の予算は8,000円となるので、上手くやりくりするしかありません。

現金以外で支払ってしまった時には、必ずその口座に財布から使った金額を戻してください

この習慣を付けておかないと、財布の中身がピンチになったらカードを頼ってしまうクセが付いてしまいます

大ことなのは、財布の中身を管理することなので、そこを間違えないようにしましょう!

レシートの詰まった財布はお金が貯まらない!? 

家計簿を付けるためにレシートを取っておくのは、とてもいいことです。

でも、財布に大量のレシートが貯まっているとお金が貯まらないことをわかっておいてください。

財布の中身を管理することが大ことだと言いましたが、レシートが詰まっている財布は中身がとても見にくいんですよ。

レシートだけではなく、ポイントカードも大量に入っていることがありますよね。

ポイントカードを使うことは、ポイントを貯められるので節約になりますが、レシートと同じで財布の中のお金が見えないとダメなんです。

レシートは家計簿に使うにしても、すぐに財布から取り出して管理しておくことが大事なんです。

ポイントカードも同じで、よく使うカードだけを財布に入れて、後は別の場所で管理するのが一番です。

レシートもポイントカードも活用すれば節約になるのは間違いないのですが、ただ財布に入れておくだけでは、節約にならないこともありますので、考えて管理していきましょう!

財布の中に入れてはいけないもの

実は、財布の中に入れてはいけないものが2つあるんです。

お気付きかも知れませんがその2つとは、銀行のカードクレジットカードです!

この2つを財布の中に入れてしまうと、予算を決めていても崩れていく可能性が高くなるんですよね。

足りないからといって銀行からお金を下ろしてしまうと予算を決めた意味がなくなります。

クレジットカードで支払いをしてしまうと、現金を使っていないので、財布の中身が残っている感覚になってしまいます。

ちゃんと管理ができるなら入れておいても構いませんが、財布の中身に入っていると、ムダ遣いが増えてしまうことが多くなってしまいます。

せっかく予算を決めて管理しようと思っているのなら、この2つのカードは財布には絶対に入れないでください!

財布の中に入れてもいいカードはよく使うポイントカードと電子マネーカードだけです。

電子マネーカードは、支払いをすればポイントが貯まっていくので、上手く活用できるなら現金をそのまま出すよりおトクなんです。

電子マネーに入っている金額も財布の中身としてまとめて考えなければ意味がありません。

ただし、電子マネーのチャージ金額は1か月でリセットはできないので、残っているチャージ額を差し引きした金額を財布の中に入れることが大事です。

こうすれば、財布の現金と電子マネーの合計額が予算金額になるので、現金を入れておくのも電子マネーを使うのも同じことになりますね。

ポイントカードも電子マネーもムダなカードを入れていては意味がないので、よく使うカードだけを財布に入れて、現金とチャージ金額を管理できるようにしておきましょう。

電子マネーは、マネーフォワードという家計簿アプリを使えば管理が楽になるので是非使ってみてくださいね!

まとめ

財布の中身を管理するだけで、節約に繋がるなんてびっくりですよね!

でもこれは本当のことなんです。

自分が普段どれくらいの金額を使っているかを把握することは、どれだけムダ遣いをしているかということに繋がります。

財布の中にレシートを貯めっぱなしにしていたり、使わないポイントカードを入れている人も一度財布の整理をしてみてください。

クレジットカードを多用している人は、現金での管理を一度してみることで、必要なものしか買わないクセが付いてくると思いますよ。

みなさんも財布の中身を把握して、予算を立てて管理をしてみてくださいね!

長くなりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-節約術

Copyright© 好きなことを行う研究所『ジオラボ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.