凡人サラリーマンが副業と投資でセミリタイアするまでの奮闘日記とちょっとした趣味を配信【株・物販・アフィリエイト】

好きなことを行う研究所『ジオラボ』

節約術

知らなきゃ損!知って得するガスの節約方法!

投稿日:

こんにちは、うるしぃです^^

お金を生み出すだけでなく守ることも大切なので、最近は節約術の投稿にも力を入れていこうと思っています!

水道・電気と同じく、ガスも生活をする上で必要だと思います。

毎日のご飯を作ったり、お風呂を沸かしたりと必要不可欠ではないでしょうか?

今回は、生活に必要なガスをお得に使う節約法をお伝えしていきたいと思います。

知らなきゃ損するガスの節約法!

プロパンガスの節約法

プロパンガスを利用している方で、料金が高いと悩む方はかなり多いのではないでしょうか?

高いプロパンガスの料金を安くする方法があります。

それは、今よりも安いプロパンガス会社の乗り換えることです。

凄い単純ですが、プロパンガスの料金は会社ごとで異なります。

安いプロパンガス会社を選ぶだけで毎月約5000円ほど安くなると言われています。

料金の高いプロパンガス会社と契約していて、何も知らずに高いガス代を払い続けたらとても損ですよね。

しかし、プロパンガス会社は個人で自由に選ぶことができるのですが、このことを知っている方は現状あまりいないそうです。

この節約法を知って得したと思った方は、是非別のプロパン会社を検討してみてください。

都市ガス代の節約

公共料金の都市ガスは、決められた基準で値段が設定されています。

なので、プロパンガスとは違い、料金を比べても都市ガスの方がかなり安くなっています。

都市ガスの会社は全国で200社以上あるそうで、地域によっては契約する都市ガスの会社を選ぶことができるそうですよ。

お風呂でのガス代節約法

お風呂は沸かさず、溜めて使う方が節約になります。

溜めるといっても浴槽いっぱいにしてしまうと、入るときにあふれ出てしまい、結局ムダになってしまいます。

お湯を貯めるときは浴槽の5~6割くらいにしておきましょう。

お風呂を沸かす場合ですが、水から沸かそうとすると、お湯を溜めるよりも倍以上の時間がかかりますし、ガス代も余計にかかってしまいます。

家庭によっては「追い炊き機能」がついているお風呂があると思いますが、使い方としては水から沸かすというものではありません。

次にお風呂に入る人がぬるいと思わないように、お湯を少し温め直すというものです。

間違った使い方をしているとガスのムダ遣いになってしまうので注意しましょう。

キッチンでのガス代節約

最近はオール電化の家庭が多いと思いますが、ガスコンロを使っている家庭もまだまだあると思います。

現在ガスコンロを使っている方、料理中に火加減を強火で使うことがありますが、これはガスの使用量を一気に高めてしまいます。

圧力鍋や無水鍋を使って料理をすると時間を短縮することができるので、その分ガス代を節約しましょう。

給湯器はできるだけ使わないようにしましょう。

洗い物はできる限り水で洗うようにして、お湯を使いたいときは電気ケトルを使うとガス代の節約になるそうです。

ガス代と比べ電気代の方が少し料金は安めです。

野菜の下ごしらえは茹でるのではなく、電子レンジを使った方がガス代はおトクです。

電子レンジでも十分に野菜の下ごしらえはできるので安心してください。

野菜のほかにも、電子レンジは万能なのでいろんな料理を作るうえで大変便利です。

時間も短縮しながらガス代を抑えられますよ。

お家では揚げ物料理を控えましょう。

揚げ物をするときは長時間ガスを使うことになります。

少ない油とフライパンでできる「揚げ焼き」を使える料理なら揚げ焼きにして、ガス代の節約を心がけましょう。

最もガス代がかかるのは?

皆さん、ガス代は何をした時が一番つかっているがご存知ですか?

電気代が一気に上がってします状況やタイミングについて、ご紹介します。

1ヵ月で使う全てのガス代の半分以上はお風呂だそうです。

追い炊きやシャワーなどでどうしてもガスを一番使ってしまうので、極力追い炊きやシャワーの使い過ぎには注意しましょう。

浴室が寒いという方は、保温のためにお風呂マットを使えばシャワーの使い過ぎ防止や、浴槽のふたを使えば追い炊き防止となるでしょう。

お風呂の次によくガスを使うのがキッチンで、全体のガス代の約3~4割を占めているそうです。

料理などで煮炊きをするのでガス代もそれなりに変わってくると思います。

火加減に気をつけ、調理器具なども圧力鍋を使ったり、ふたをして余熱を使うなどの工夫が節約に繋がります。

また、冷凍ものはしっかり解凍することで、ガスを使った調理時間を短縮できます。

凍ったまま調理すると解凍する時間まで必要になってくるので気をつけましょう。

これらの他にプロパンガスや都市ガスなどがありますが、こちらは料金や契約する会社の見直しなどでガス代を抑えましょう。

まとめ

今回はガス代の節約についてお伝えしてきました。

プロパンガスのガス代ですが、契約先の乗り換えができるんですね。

この件については知ってよかったと、得したと思いました。

他にもガス代に関する節約法も、知らなかったというものがありましたら、是非試してみてください。

長くはなりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-節約術

Copyright© 好きなことを行う研究所『ジオラボ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.