凡人サラリーマンが副業と投資でセミリタイアするまでの奮闘日記とちょっとした趣味を配信【株・物販・アフィリエイト】

好きなことを行う研究所『ジオラボ』

節約術

【これを変えると節水に】やり方いろいろ節約方法まとめ!

投稿日:

「水」は私たちの日々の暮らしに欠かせないものですよね?

毎日使うものですので、当然水道代が発生してきます。

そして、節約に欠かせないものの1つとして、水道代の節約・節水があると思います。

今回は、毎日使うものだからこそ節約したい水道代の節約について、お伝えしていきたいと思います。

簡単にできる水道代の節約・節水方法!

皆さんは節水・節約をどのようにしていますか?

ただやみくもに節約をしても、なかなか上手くいかないと思います。

水道代の節約には「何をすれば良いか」、「簡単にできる方法はないのか」と思い、いろんな節約・節水方法について調べてみたので、ご紹介していきたいと思います。

お風呂で節約・節水方法

一般家庭で水道代の約40%を占めていると言われるのが、お風呂で使う水だそうです。

そして、お風呂でできる節水ですが、いくつか方法があるようです。

節水シャワーヘッドの活用

節水シャワーヘッドとは、シャワーの出る穴が少なく、水圧は変わらずに使う水の量を減らすことができる節約グッズです。

節水シャワーヘッドには一時止水スイッチがついているものが多く、手元でこまめに水を止めることができます。

これを使うことで約40%の節水になり、とても節水効果の高い節約グッズなので、水道代を抑えたい方にはとてもおすすめです。

アカパックンの活用

これはお風呂に浮かべるだけで汚れをかなり軽減してくれるというものです。

毎日お風呂のお湯を入れ替えるとなると、その分水道代がかかってきます。

アカパックンは、船舶事故の原油を回収するときに使われる特殊繊維と同じ素材が使われており、お風呂の湯垢をキレイに吸い取ってくれます。

これを使えば残り湯を洗濯に使うことができ、水道代を大幅に節約できるそうですよ。

4人以上の家族ならお風呂がおトク

シャワーを15分間使った場合、約浴槽1杯分の水を使っていると言われています。

1人暮らしの方であればシャワーの方が良い場合もありますが、4人以上の家族ならお湯を貯める方が良いでしょう。

一見、お湯を貯める方が水を多く使っていると思いがちですが、実はシャワーの方が思っているよりもたくさんの水を使っているので気を付けてください。

トイレで節約・節水

皆さんはトイレで水を流すとき、大と小どちらを使っていますか?

トイレで使われる水道代は約22%を占めており、中には大を1回使うだけで13リットルの水を使うトイレもあるそうなんです。

トイレでの節水は、大と小を使い分けることがポイントです。

普段あまり考えずに水を流していると思いますが、一度トイレでの水の使い方を見直してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、最近では節水型のトイレもあるそうで、トイレでの水の使用量が今までのトイレの約1/3だそうで大幅に水道代を減らすことができるそうですよ。

近々お家を立てる方、リフォームを考えている方は検討してみてはいかがでしょうか?

キッチンでの節約・節水

キッチンで使われる水道代は約17%を占めているそうです。

食器を洗う時、水を出しっぱなしにしている方は多いのではないでしょうか?

水の出しっぱなしは、節約・節水においてタブーです。

食器を洗うときの節水方法としてオススメなのは、洗い桶を2つ用意することです。

片方には水と洗剤を混ぜて置き、もう片方には水を貯めておきます。

使い終わった食器は洗剤の入った桶へ、その中で洗った食器を水だけが入った桶移す。

この簡単な作業で大体の汚れが落ち、あとは軽くすすぐか、汚れがヒドイものはササッと洗うだけで済みます。

出しっぱなしで洗うより、簡単でかなりの節水になると思いますよ。

水圧の調整で節約・節水

水圧の調整は昔からある「水道代節約の鉄板」だと言われているそうです。

お家にある水道のバルブを調節することで、水の出る量を減らすことができます。

ついつい勢いよく水を出してしまう方は、大本から水の出る量を減らしているので、この方法は良いかもしれませんね。

しかし、この方法には注意しなければいけないことがあります。

バルブを調整することでシャワーの出が悪くて困ったり、その他にも水の出が悪く日常生活で困る場合があるかもしれません。

それでも、上手くバルブを調整すれば良いと思う方は、試してみても良いのではないかと思います。

まとめ

今回は水道代の節約・節水について、調べたこと、私が実践したことをお伝えしてきました。

手間がかかる方法もありますが、どれも簡単ですぐにでも実践できるものではないかと思います。

最近では節約に便利なグッズがあったり、ご紹介した節水型トイレのように節約に特化したものがあります。

昔と比べて節約がしやすい環境だということがわかりますね。

水道代は2ヵ月に一度の請求なので、あまり気にしない方が多いそうです。

節約方法も大事ですが、まずは水の使い方や使う量などを考えることから始めましょう。

長くなりましたが、最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

-節約術

Copyright© 好きなことを行う研究所『ジオラボ』 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.